水産資源活用研究会

活動目的

 三重県は、伊勢えびや的矢牡蠣、あのりふぐなどの豊かな水産資源に恵まれ ていますが、一方で、素材としての魅力はあるものの、認知度が低いために消費量 が少なく、有効に活用されていない水産資源も複数存在しています。
 このため、本研究会では、みえの水産物の品質や地域性などに着目した研究、 みえの水産物を使った新たな商品開発等を行うことを目的として活動を行っています。

活動内容(平成23年度)

 平成23年度については、スズキ、ボラ、アラメ、アカモクなどを研究食材候補として選定し、これら食材を使った新商品(惣菜、麺など)の開発に向けた研究を進めています。